女性の薄毛は育毛剤 女性用で解決しよう

薄毛と聞くと男性のものだけのように感じますが、現在では女性の間でも薄毛不安が広がりつつあります。
男性の薄毛原因の多くはAGA(男性型脱毛症)が原因で前頭部や頭頂部・後頭部周辺の髪が抜けていきますが、女性の薄毛の原因の多くはストレスや加齢が原因でヘアサイクルが乱れることにより、髪が少しづつ抜けていきます。

髪の密度の最盛期は20歳頃まで、髪の太さは25歳までと言われており、ピークを過ぎていくと少しづつ髪がうねりやすくなり、出産を向かえ女性ホルモンが不安定になる時期や、閉経を向かえ減少していく40〜50代頃になると抜け毛が多くなっていきます。

このような髪の衰えを整えるには、女性専用の育毛シャンプーと育毛剤 女性用を平行して使っていく必要があります。
髪の根元にある皮脂腺から皮脂を出し、汗と混じることで頭皮の乾燥を防ぐ皮脂膜を作り出しますが、皮脂膜が溜まりすぎると雑菌が繁殖しやすくなりますので、育毛シャンプーで一旦リセットし、新しい皮脂膜が作られるのを促進させます。

育毛シャンプーで髪を洗った後は、育毛には必須条件である頭皮の血流を促進するため、育毛剤 女性用を頭皮に塗布して血流と栄養を頭皮に与え、育毛を促進させましょう。

なお、男性用の育毛剤は男性ホルモンを抑制する効果があるものが多いので、女性が使用しても効果がないばかりか、頭皮のかぶれの原因にもなりますので、共用しないようにしましょう。